地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱 中国は合意へ

地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱し、中国が欧州とタッグを組んで合意することになりました。

米がパリ協定離脱を表明

トランプ米大統領は6月1日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると表明しました。

パリ協定が米経済の重荷になっていることを、離脱の理由としています。

米国は世界2位の温暖化ガス排出国です。協定離脱はトランプ大統領の公約でしたが、国外だけでなく米国内からも反発の声が高まっていました。

中国は欧州とパリ協定で合意

 

いっぽうで、中国の李克強首相とメルケル独首相は6月1日に会談し、パリ協定の順守で合意しました。

李首相は「中国はパリ協定の義務を果たしていく」と述べています。

欧州と中国は2日の首脳会談で、パリ協定の履行を強く支持する共同声明を採択します。

地球温暖化対策を含め、中国をどうやって国際社会の枠組みに入れていくかがG7の悩みだったのですが、トランプ大統領以降は米が枠組みを揺るがし、中国が国際ルールの重要性を指摘するという、数年前までは考えられなかった皮肉な事態となっています。