その他の環境ニュース

地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱 中国は合意へ

地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱し、中国が欧州とタッグを組んで合意することになりました。

米がパリ協定離脱を表明

トランプ米大統領は6月1日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると表明しました。

パリ協定が米経済の重荷になっていることを、離脱の理由としています。

米国は世界2位の温暖化ガス排出国です。協定離脱はトランプ大統領の公約でしたが、国外だけでなく米国内からも反発の声が高まっていました。

中国は欧州とパリ協定で合意

 

いっぽうで、中国の李克強首相とメルケル独首相は6月1日に会談し、パリ協定の順守で合意しました。

李首相は「中国はパリ協定の義務を果たしていく」と述べています。

欧州と中国は2日の首脳会談で、パリ協定の履行を強く支持する共同声明を採択します。

地球温暖化対策を含め、中国をどうやって国際社会の枠組みに入れていくかがG7の悩みだったのですが、トランプ大統領以降は米が枠組みを揺るがし、中国が国際ルールの重要性を指摘するという、数年前までは考えられなかった皮肉な事態となっています。

 

関連記事

  1. その他の環境ニュース

    廃棄蛍光灯や乾電池の取り扱いが水俣条約で変わるかも? 産業廃棄物の排出事業者はご注意ください

    「水銀に関する水俣条約」により、廃水銀などの処分基準などを定めた改正廃…

  2. その他の環境ニュース

    ドコモが廃棄近い食品購入で20%ポイント還元する実証実験スタート

    アプリで食品ロスを削減する実証実験を開始 |NTTドコモ1月15日…

  3. その他の環境ニュース

    今後4年で国内製造業の再生エネ使用量は2割増 日経調べ

    製造業の再生エネ使用、2割増 20年度までに|日経新聞1月21日…

  4. その他の環境ニュース

    水銀廃棄物の適正処理についてまとめ

    2017年10月1日から水銀廃棄物の適正処理について新たな対応が求めら…

  1. 環境省

    PCB廃棄物の全国保管量を集計、食品リサイクルマッチングセミナーを全国3会場で開…
  2. 先進廃棄物処理業経営会

    廃棄物処理業経営者を対象とした「先進廃棄物処理業経営会」を設立します
  3. 自治体の廃棄物行政

    不適正処理跡地の売却事案で注意喚起、災害廃棄物の速やかな処理のため指針を策定 地…
  4. 食品リサイクル

    埼玉県で食品リサイクルを提案できる処理業者様を募集しています
  5. 環境省

    学校給食3Rモデル事業を甲府市と宇治市で実施、ダイコー事案を総括、平成28年度の…
PAGE TOP