環境省

学校給食3Rモデル事業を甲府市と宇治市で実施、ダイコー事案を総括、平成28年度の家電リサイクル実績公表 環境省の廃棄物新着情報2017年6月版

平成29年6月の環境省の廃棄物新着情報をまとめています。

甲府市と宇治市で学校給食3Rモデル事業を実施

平成29年度 学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に係る実施市町村の決定について | 環境省6月29日

学校給食から発生する食品廃棄物の3Rのため、食育・環境教育活動に取り組むモデル事業を、今年度は山梨県甲府市と京都府宇治市で実施するとのことです。

後日、二次募集も検討しているとのことです。

家電リサイクル法の立ち入り検査 平成28年は452件を実施

家電リサイクル法に基づく立入検査の実施状況について(平成28年度分) | 環境省年6月29日

平成28年度における家電リサイクル法第53条に基づく小売業者への立入検査の実施状況を取りまとめています。

小売業者に対する立入検査452件を実施。そのうち、273件の立入検査で、延べ566件の指導を行ったとのことです。

この立ち入り検査は、リサイクルに必要な行為の実施状況を把握し、その結果を踏まえて必要な指導等を行うためのものです。

不適正保管の食品廃棄物撤去完了 ダイコー事案を総括

食品廃棄物の不正転売事案について(総括)|環境省6月20日

平成28年1月に発覚した、食品メーカーが処分委託した食品廃棄物を産廃処理業者が不正転売していた、いわゆる「ダイコー事案」を総括し、まとめています。

不適正保管されていた食品廃棄物の撤去などが完了し、事案の全容が明らかになったことを踏まえ、課題と対応を取りまとめた、としています。

家電リサイクル平成28年度実績を公表、いずれも法定基準を上回る再商品化率

平成28年度における家電リサイクル実績について | 環境省6月16日

平成28年度の家電リサイクル実績を公表しています。

全国の指定引取場所において引き取られた廃家電4品目は、約1,120万台(前年度比約2.9%増)でした。

再商品化率は、エアコン92%、ブラウン管式テレビ73%、液晶・プラズマテレビ89%、電気冷蔵庫・電気冷凍庫81%、電気洗濯機・衣類乾燥機90%と、法定基準を上回る再商品化率を達成しています。

廃家電4品目の内訳はエアコンが約257万台(構成比約23%)、ブラウン管式テレビが約118万台(同約11%)、液晶・プラズマテレビが約128万台(同約11%)、電気冷蔵庫・電気冷凍庫が約283万台(同約25%)、電気洗濯機・衣類乾燥機が約334万台(同約30%)となっています。

関連記事

  1. 環境省

    資源循環利用と低炭素化モデル支援の採択事業を決定 環境省の廃棄物新着情報2017年8月版

    2017年8月の環境省の廃棄物新着情報をまとめています。廃棄物から…

  2. 環境省

    容リ法再商品化義務を履行しない事業者を公表 環境省の廃棄物新着情報2017年7月版

    平成29年7月の環境省の廃棄物新着情報をまとめています。低炭素製品…

  1. 株式会社良山について

    あけましておめでとうございます
  2. 株式会社良山について

    株式会社良山を設立しました
  3. プラスチック買い取り

    神奈川県中央部でPETボトルを買い取っていただけるリサイクル業者さんを探していま…
  4. 環境省

    資源循環利用と低炭素化モデル支援の採択事業を決定 環境省の廃棄物新着情報201…
  5. 脱水汚泥の低コスト化

    北近畿エリアで脱水汚泥の低コスト化提案をスタートしました
PAGE TOP