環境省

高濃度PCB処分義務まで残り最短150日に、有害雑品スクラップの実態は、次期循環型社会形成推進基本計画の策定へ 環境省の廃棄物新着情報2017年10月版

2017年10月の環境省の廃棄物新着情報をまとめています。

高濃度PCB廃棄物の処分期間が最短で残り150日に

PCB廃棄物の早期処理に係る一斉広報について-処分期間が最短で残りわずか150日-|環境省

高濃度PCB廃棄物について、PCB特別措置法では定めた期間内の処分を義務付けています。

中国・四国・九州・沖縄各県(JESCO北九州事業所の事業対象地域)に保管されている変圧器、コンデンサー等については、平成29年度末までにJESCOに処分委託することが義務付けられており、2017年11月1日で処分期間の末日まで残り150日を迎えました。

この機会に、関係省庁・都道府県市と協力し、高濃度PCB廃棄物の一刻も早い処理の達成に向けた一斉広報を展開する、とのことです。

 

廃家電906台の不適正処理で家電販売店に勧告

家電リサイクル法対象機器の不適正処理に係る勧告及び報告徴収について|環境省

株式会社野田屋が営む「電化ストアー野田屋」(千葉県浦安市)において、排出者から引き取った廃家電の一部が、製造業者以外の者に引き渡されていたことから、家電リサイクル法に基づき、株式会社野田屋に対し勧告を行ったとのことです。

同社は、平成24年10月から平成29年7月までの間に、排出者から計906台の特定家庭用機器廃棄物を引き取った際、収集運搬料金及びリサイクル料金を受領していながら、家電リサイクル券を発行せず、製造業者以外の者に対して、有償か無償による譲渡、または逆有償による引渡しをしていたと報告しています。

水銀廃棄物の回収促進でセミナー開催

市町村等における水銀使用廃製品の回収促進セミナーの開催について|10月30日

平成29年度中に作成予定の「市町村等における水銀使用廃製品の回収事例集」の第2版追加内容と、全国都市清掃会議が取り組んできた分別回収の促進事業について紹介するセミナーを、全国5都市で開催するとのことです。

開催日と場所は以下のとおり。各会場とも、14:00~16:00に開催となります。

  • 名古屋 平成29年11月15日(水) 名古屋国際センター「別棟ホール」
  • 仙台 平成29年11月21日(火) TKP仙台カンファレンスセンター「ホール4B」
  • 大阪 平成29年12月5日(火) トラストシティ カンファレンス・新大阪「Room 1+2」
  • 岡山 平成29年12月6日(水) オルガビル「オルガホール」
  • 熊本 平成29年12月7日(木) くまもと森都心プラザ「AB会議室」

プログラムは、

市町村等における水銀使用廃製品の分別回収の促進について、環境省が支援したモデル回収事業の事例紹介、全国都市清掃会議が支援したモデル回収事業の事例紹介、などです。

中環審廃棄物処理制度委が開催

中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会(第9回)の開催について|環境省10月20日

中央環境審議会循環型社会部会廃棄物処理制度専門委員会(第9回)を開催するとのことです。

  • 日時  平成29年11月2日(木) 10:00~12:00
  • 場所  TKP赤坂カンファレンスルーム ホール13A(東京都港区赤坂2丁目14-27 国際新赤坂ビル 東館13階)

議題は「廃棄物処理法政省令事項素案について」です。

雑品スクラップの適正保管へむけ技術的検討を進める

有害使用済機器の保管等に関する技術的検討会(第3回)の開催について|環境省10月10日

有害物質を含む使用済電気電子機器がその他の金属スクラップと混合された、いわゆる「雑品スクラップ」の保管状況、有害性などの実態に応じた適切な対応を行う検討をするとのことです。

  • 日時  平成29年10月20日(金)9:30~12:00
  • 場所  都道府県会館 101大会議室 東京都千代田区平河町2-6-3

議題は、有害使用済機器の保管などの調査結果について、中間とりまとめ案について、などです。

特定有害廃棄物の範囲の検討会開催

特定有害廃棄物等の範囲、再生利用等事業者等の認定制度等に関する検討会(第2回)の開催について|環境省10月6日

特定有害廃棄物等の範囲、再生利用等事業者等の認定制度などに関する検討会(第2回)を開催するとのことです。

  • 日時  平成29年10月16日(月)13:00~16:00
  • 場所  大手町サンスカイルームD室(東京都千代田区大手町2丁目6番1号 朝日生命大手町ビル27階)

議題は、輸出に係る環境汚染防止措置及び資力保証に関する審査について、再生利用等目的輸入事業者及び再生利用等事業者の認定制度について、などです。

大規模イベント開催者向けにごみ分別ラベルのガイダンスまとめる

大規模イベントにおけるごみ分別ラベル作成ガイダンスの策定・公表について|環境省10月6日

オリンピック・パラリンピックなど大規模イベント会場において、ごみ分別が徹底されるよう、イベント開催者向けに「大規模イベントにおけるごみ分別ラベル作成ガイダンス」を策定・公表しています。

既存のイベント会場や空港等における分別区分の現状や、過去のオリンピック・パラリンピックでの事例をもとに、ごみ分別区分の設定の考え方、分かりやすいごみ分別ラベルを作成する際の留意事項をまとめたもの、としています。

次期循環型社会形成推進基本計画の策定に向けた審議が進む

「新たな循環型社会形成推進基本計画の策定のための具体的な指針」(中央環境審議会意見具申)について|環境省10月2日

第三次循環型社会形成推進基本計画の見直しについて、中央環境審議会循環型社会部会おける審議の後、パブリックコメントを経て、10月2日に新たな循環型社会形成推進基本計画の策定のための具体的な指針が中央環境審議会会長から環境大臣へ意見具申されたとのことです。

平成15年3月に閣議決定された「循環型社会形成推進基本計画」は、おおむね5年ごとに見直されることとなっており、今後、次期循環型社会形成推進基本計画の策定に向けた審議が進められる予定です。

関連記事

  1. 環境省

    容リ法再商品化義務を履行しない事業者を公表 環境省の廃棄物新着情報2017年7月版

    平成29年7月の環境省の廃棄物新着情報をまとめています。低炭素製品…

  2. 環境省

    資源循環利用と低炭素化モデル支援の採択事業を決定 環境省の廃棄物新着情報2017年8月版

    2017年8月の環境省の廃棄物新着情報をまとめています。廃棄物から…

  1. その他の環境ニュース

    地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱 中国は合意へ
  2. プラスチック買い取り

    横浜エリアで金属スクラップやプラスチックの買い取りを強化しています
  3. 株式会社良山について

    あけましておめでとうございます
  4. プラスチック買い取り

    プラスチック買い取りの記事をご覧いただいたお客さまからお問い合わせをいただきまし…
  5. 自治体の廃棄物行政

    不適正処理跡地の売却事案で注意喚起、災害廃棄物の速やかな処理のため指針を策定 地…
PAGE TOP